シンポジウム / symposium

展覧会「ファルマコン:医療—エコロジーアートによる芸術的感化」
–ファルマコンとしての芸術行為再考–

日時:2017年12月1日14時–18時
会場:ターミナル京都
〒600-8445 京都府京都市 下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424

スピーカー:
吉岡洋
加藤有希子
大久保美紀
ジェレミー・セガール
エヴォー
フロリアン・ガデン

<プログラム>
14 :00-14 :30 大久保美紀
導入「ファルマコンとしての芸術実践」
14:30-15:00 ジェレミー・セガール:活動報告1(通訳:大久保美紀)
「器と蛇:アレルギー研究における清潔概念」
15:00-15 :30 エヴォー:活動報告2(通訳:大久保美紀)
「医療機関における芸術実践、病院レジデンス制作」
15:30-16:00 フロリアン・ガデン:活動報告3(通訳:大久保美紀)
「現代的エコロジーと芸術表現」
16:00-17:00 加藤有希子
「新印象派のファルマコンーあるいは新しい時代の幕開け」
17:00-17:20 吉岡洋
「ファルマコンとしての芸術行為再考」
17:20-18:00 ラウンドテーブル(吉岡洋、加藤有希子、大久保美紀、ジェレミー・セガール、エヴォー、フロリアン・ガデン、通訳:大久保美紀)

★参加申し込み不要、参加自由
★問い合わせ先:garcone_mk(@)yahoo.co.jp, 企画者まで
★18時より同会場にて展覧会「ファルマコン:エコロジー–医療の芸術的感化」レセプションがあります。

Program download here: <シンポジウム>compressed