Japanese Artists

Sonomi Hori/堀園実
1985年生まれ。沖縄県立芸術大学大学院彫刻専修修了。平成28年度文化庁新進芸術家海外研修制度美術1年研修でパリに派遣され、滞在・制作を行なう。主な展覧会に、個展「ことばとは」(ガレリア・グラフィカbis、東京、2010年)、「EMPTY SPOTは脳の中」(CAMP TALGANIE artistic farm、沖縄)等。2017年には、滞在中のシテ・デ・ザールにおけるオープンスタジオで下記作品Negative – positiveを発表し、注目を集める。「彫刻的なものの捉え方」を探求し、表現素材としてのメディアの変遷と、人々のコミュニケーションの変容や独自性をもつ統一体の「個」の捉え方に着目し、身体意識に訴える彫刻を制作する。身体と環境の境界である皮膚や容れ物としての肉体に関して象徴的に解釈する表現を追求する。本展覧会では、ネガティブ-ポジティブのコンセプトを引き継ぎ、石をメディアとして自然物のポートレートに挑む。

Miho Tanaka/ 田中美帆
1990年京都市生まれ。2017年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。龍野アートプロジェクト2016国際芸術祭「時空の共振」内大学生との協働推進事業で作家に選出され旧脇坂屋敷で展示を行う。素材や方法を鋭い感性を通じて研究し、絵画と彫刻を越境する表現を行う。在学時より、炉端や大学敷地内に「庭」とみなす環境を観察し、働きかけ、対話するような行為を実践するなど、植物をはじめとする「自己を取り巻くもの」との関係性を探り、その身体への波及や環境への還元に注意を向けている。

Tomohito Ishii/ 石井友人
1981年、東京都生まれ。多摩ニュータウン育ち。現在東京都足立区在住。美術家。
2006年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。
絵画を主な表現手段としながら複合的な形式で作品を発表している。主な個展に「未来の家」(Maki Fine Arts、2017)、「『複合回路』ー認識の境界」(Gallely αM、2011)。主な展覧会に「グレーター台北ビエンナーレ」(NTUA、2016)、引込線2015(旧所沢市第二学校給食センター、2015)、「わたしの穴 美術の穴」(Space23℃、2015)、「新朦朧主義 2」(Red Tory Museum of ContemporaryArt, Guangzhou、2015)、「大和コレクション Ⅶ」(沖縄県立博物館・美術館、2015)、「パープルーム大学Ⅱ」(熊本市現代美術館、2014)。
website : https://www.tomohitoishii.com